• RIE

カボチャとチーズの重ね焼き☆

ハロウィンが近づくと、カボチャ料理を食べたくなる。そして、とろ〜りチーズの熱々オーブン料理も♪ 切って並べて焼くだけ♪ 簡単オーブン料理 "カボチャのティアン"。ハロウィンのおもてなしにもオススメ🎃


カボチャをイタリア家庭では、ミネストローネとしてスープで食べられることが多く、他には、ラヴィオリやニョッキ、リゾット、コロッケ、焼き菓子やプリンなどに使う。普段、カボチャのオーブン焼きはチーズを入れず、オリーブオイルをかけて香草と焼くだけのレシピが多い。でも、チーズを入れると、やっぱりイタリア男子&子供が大好きな、秋の前菜料理のひとつになる。


ちなみに、農家の人曰く今年のカボチャは豊作だそうです‼️質もいいから、今買ってもクリスマスまで日持ちするらしい。。。って、すぐに食べてしまうだろうけどね。笑



Zucca al forno con formaggio

ズッカ アル フォルノ コン フォルマッジョ


【材料】

500g かぼちゃ 1個 モツァレラチーズ(とろけるチーズなど) 1本ローズマリー 大さじ3 エクストラバージンオリーブオイル 3カケ ニンニク

適量(小さじ1) 塩

適量(小さじ1) ブラックペッパー


【作り方】

❶カボチャを1〜2cm 幅に切ります。(固い栗南瓜はレンチン5分程し、少し柔らかくしてから安全に切りましょう)


❷耐熱皿に、大さじ1のオリーブオイルを垂らす。薄切りにした、カボチャを並べます。


❸全体に塩コショウをし、大さじ2のオリーブオイルを回しかけます。ニンニク(香りを少しだけ付けたい時は皮付きのまま入れます)とローズマリーを散らします。


❹180〜200度に温めたオーブンで、20分焼きます。カボチャの上に、チーズを並べ、さらに180〜200度のオーブンで、10分焼き、出来上がり♪(トースターでもOK)



ほくほくで、甘いカボチャを引き立たせる、オリーブオイルが決めて‼️今回は、オレンジの皮のカボチャを使用しましたが、緑の皮のかぼちゃでも、もちろん大丈夫!


ティアン

野菜の薄切りを重ねて焼き色をつけたもの。フランス、プロヴァンス地方料理の料理。元々は、ティアンという陶器の器のことが料理名になったもの。イタリアでもTIANとフランス語で表記して使われる場合もある。


カボチャの栄養

かぼちゃは、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養成分を豊富に含み抗酸化作用がある、バランスのとれた緑黄色野菜の一つ。「冬至にはかぼちゃ」と、江戸時代からいわれるほど栄養満点


オリーブオイルの栄養

オリーブオイルにも、ビタミンE、βカロテンなどアンチエイジング効果がある成分や、血液中の悪玉コレステロールを下げる効果のあるオレイン酸という脂肪酸、抗酸化物質であるポリフェノール類など、健康に良いとされる成分が豊富に含まれています。調味料としてだけじゃなく、健康維持のために食事に取り入れましょう!!(目安: 50 ml/ 1日)



オリーブオイル&カボチャのW抗酸化作用&風邪予防‼️

皆様もぜひ、お試しください〜🎃👻🍭



cookpad↓

ハロウィン☆カボチャとチーズの重ね焼き✨


レシピブログ:カラットリ理恵→ http://www.recipe-blog.jp/profile/rie-profilo


【バッチノエミオの専属料理研究家RIE】のオススメのオリーブオイルは、バッチノエミオ社のエクストラバージンオリーブオイルBIO DOP💚💚💚

㊗️BACCINOEMIOのエクストラバージンオリーブオイルが、日本からでもネットで購入できるようになりました‼︎ http://placidi.tokyo


#レシピ #料理家RIE #baccinoemio #バッチノエミオ #かぼちゃ料理

STAY UP TO DATE
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon
  • ホワイトGoogle+のアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Grey Facebook Icon

© 2018 -Le ricette di Rie-.  ricetterie.com